seasoning

宮里菓子店

母から受け継がれたレシピをつなぎ、地元に愛されるている久米島の定番おやつピーナツ黒糖。

沖縄で昔から愛されるピーナツ黒糖。艶のある黒糖飴が絡まった種類もありますが、久米島ではピーナツ一粒一粒に金平糖のように黒糖がまぶされた、ピーナツ黒糖が主流です。波照間産の黒糖を使っているためシンプルな味ですが、味わい豊か。手が止まらずついつい食べ過ぎてしまいます。

宮里菓子店の店主・宮里和男さんはピーナツ黒糖を作り続けて40年近く経ちます。「戦後、母が商店を開いて、手作りのピーナツ黒糖も販売していました」。宮里さんがお店を引き継いだのは26歳の頃。作り方はシンプルですが体力がいります。大きな鍋に黒糖とザラメを入れて熱し、ぶくぶくと泡が立つほど煮詰めていきます。数十分ほど煮詰めた後、一気にピーナツに絡めていきます。

「母の味をベースに、生姜や味噌を加えたピーナツ黒糖も開発しました」と話す宮里さん。少し大人な風味の生姜入りのピーナツ黒糖は特に人気とのこと。島の人の家に行くとさりげなくいつもある、日常の中のおやつです。味噌を加えたピーナツ黒糖も少しの塩気が入ることで、こっくりとした甘さを引き出しています。「久米島では昔、家庭でよく味噌が作られていました。うちでも味噌を作っているので、自家製味噌を使った自慢の一品です」。

昔は米どころだったという久米島。沖縄本島でも「久米島は味噌が名物」として知られています。宮里菓子店でも味噌を作っています。オススメは梅が入った油味噌。おにぎりなどはもちろんですが、そのまま食べても美味しいんです。なので、泡盛のアテとしてもよし。チーズなどと合わせたり、豚肉を炒める時に入れても◎油味噌は沖縄では定番のご飯のお供なんです。宮里さんが真心込めて手作りしたピーナツ黒糖や油味噌で、久米島の家庭の味を楽しんでください。

久米島3時茶セット

5,176円(送料込・税込)

①塩ちんすこう(箱)10個×3袋、②パーナッツ黒糖140g、③しょうが黒糖280g、④ナッツみそ170g、⑤ローゼルティー(1g×5包)、⑥バタフライピーティー(1g×5包)

購入する
宮里菓子店 油みそ3種セット

4,540円(送料込・税込)

①肉みそ(豚バラ肉入り)250g、②甘辛みそ(豚肉唐辛子入り)250g、③かつおみそ(かつお節入り)250g


購入する
もっと見る

※沖縄LIFEは株式会社沖縄県物産公社「わしたショップオンライン」が運営するサイトです。
※決済は「わしたショップオンライン」のページに移動いたします。

宮里菓子店

〒901-3133 沖縄県島尻郡久米島町北原663-3

090-3790-9326